45式::雑記
45式::雑記は、日々の事を記してないから日記ではなく雑記です。

MTSetVarsタグ内の書式で空白を挿入しても許される場合

コメント
2件
トラックバック
0件

最近のマイブームはMTSetVarsタグの使い方。

というわけで、MTSetVarsタグ内の書式で空白を挿入してもエラーにならない場合を紹介します。

前提

この記事で言う空白とはタブと半角スペースのことです。
文字として扱われる全角スペースはこれから紹介する方法には使えませんのでご注意ください。

インデント

以前の記事でも取り上げましたが、MTSetVarsタグ内ではインデントする事ができます。

<MTSetVars>
   Ramza=Beoulve
   Agrius=Oaks
   Meliadoul=Tingel
   Miluda=Folles
</MTSetVars>

変数名と=の間に空白

インデントに近いですが、変数名と=の間に空白を入れる事が可能です。

<MTSetVars>
Ramza     =Beoulve
Agrius    =Oaks
Meliadoul =Tingel
Miluda    =Folles
</MTSetVars>

行末の空白

わざわざ入れる人も、入れたい人もいないと思いますが、行末に入れた空白は変数の値に格納されません。

<MTSetVars>
Ramza=Beoulve   
Agrius=Oaks   
Meliadoul=Tingel   
Miluda=Folles   
</MTSetVars>
<$MTGetVar name="Ramza"$>
<$MTGetVar name="Agrius"$>
<$MTGetVar name="Meliadoul"$>
<$MTGetVar name="Miluda"$>

実際に変数を呼び出してみると、変数の値には行末のタブが含まれていません。

Beoulve
Oaks
Tingel
Folles

変数の値の末尾に空白を含めたい場合、MTSetVarタグ、MTSetVarBlockタグ、MTSetVarTemplateタグのどれかを使えば可能です。

注意

今回取り上げなかったのでお分かりでしょうが、=の後に空白を入れた場合は変数の値として格納されます。

コメント[2]

zelazny (2009年6月18日12:53) 返信

ついでに、前にはまったケース。
変数にNULLをセットしようとして、「=""」としたら、「""」が値になった。
「="0"」は数字のゼロでなく、文字列の「"0"」になった。

4n5からzelaznyへの返信 (2009年6月20日20:49) 返信

その失敗は想像もできませんでした。
私の場合、変数のNullセットをまず「引用符なし」で試して、そのまま成功してしまいました。
ズボラ、バンザーイ

しかし、恐ろしいタイミングでのコメント……。
http://www.45shiki.net/blog/2009/06/b000883.htm

コメント投稿フォーム

コメントを投稿するにはJavaScirptが必要です。ブラウザのJavaScriptを有効にしてください。

コメント投稿フォーム

トラックバック[0]

トラックバックはまだありません。

カテゴリ
アーカイブ
ヘルプ
Feed

フィードとは